東トルキスタンの近代史

東トルキスタンの近代史

1705: 東トルキスタンと中央アジアの大部分を統治していたウイグルのヤルケント州(Yarkent Khanate)は、東トルキスタンへのユングガル(モンゴル)の侵攻(現在はユンガール盆地として知られているもの)の後に廃止されました。[1]

1705-1759: 東部トルキスタン南部(タリム盆地)はホージャス統治下、東部トルキスタン北部(ユングガル盆地とケンス島)はユンガース統治下にあります。 [2]

1759: 満州清帝国が侵攻を開始し、東トルキスタンを征服し、それを家臣国に変える。 [3]

1759-1862: 東トルキスタンのウイグル人と他のチュルク民族は満州清帝国に対して約42回反乱を起こした。[4]

1863-1864: ウイグル人と他の東トルキスタントルコ人はヤクブ党首の指導の下で満州清帝国に反抗しています。Yaqub Begは満州を追放し、完全な独立を宣言し、そして東トルキスタンを統治する。 [5]

1865-1877: カシュガリアとしての東トルキスタンの独立は、大英帝国、ロシア帝国、およびオスマン帝国によって認められています。東トルキスタンは、1877年の満州清侵攻まで、Yaqub Begの指導の下にその完全な独立を維持しています。 [6]

1884: 満州清帝国は東トルキスタンを完全に支配しており、中国の「新領域」を意味する「新疆」として正式に満州清帝国に組み込まれています。 [7]

1884 – 1911: 東トルキスタンは満州清帝国によって統治されています。 [8]

1911: 中国革命は満州清帝国を転覆させる。 [9]

1911-1931: 東トルキスタンの一部はウイグル人とトルコ人の武将によって統治されており、他の部分は中国民族主義者(Guomindang)の影響下で中国の武将によって統治されている。 [10]

1931: ウイグル人はクムルでの中国の統治に反抗し、反乱は東トルキスタン全土に広がった。 [11]

1931-1933: ウイグル人は東トルキスタン南部で反乱を起こし、コータンで独立政府を宣言した。 [12]

1933: ウイグル人と他のトルコ人は、1933年11月12日に東トルキスタンが中国の統治から完全に独立したことを宣言し、カシュガルで最初の東トルキスタン共和国を設立することを宣言した。 [13]

1934: ソビエトの介入の後、東トルキスタンの中国の侵略は中国の民族主義者(Guomindang)の下で中国のイスラム教徒(Huis)によって導かれている。 最初の東トルキスタン共和国が1934年4月16日に廃止された後、東トルキスタンは独立を失う。 [14]

1934 – 1944: 東トルキスタンは20万人以上のウイグル人の治世中に中国の将軍Sheng Shicaiによって統治されており、他のトルコ人の人々は残酷に殺されている。 [15]

1937: 第6ウイグル管区の軍将校は再び中国の支配に反抗し、彼らはソビエトの介入の後に残酷に虐殺された。 [16]

1944: ウイグル人、カザフ人、キルギス人、タタール人、ウズベキスタン人が一緒になって中国の統治に反抗し、東トルキスタンの独立国家を再建する。 第二次東トルキスタン共和国(ETR)は1944年11月12日にGhuljaで宣言されています。 [17]

1945: 1945年1月5日、東トルキスタン共和国(ETR)政府は、民主主義を支持し、全体主義を棄却する独立した世俗共和国としてETRを再確認した9点宣言を発表した。 [18]

1949: August 27 – 東トルキスタン共和国を解散することを拒否したために、エフメタン・カシミ大統領、アブドゥルケリム・アッバス首相、国防長官Delilqan Sugarbay、副国防長官Ishaq Beg、その他7名がスターリンによって処刑された。 [19]

October – 毛沢東人民解放軍は1949年10月12日にソ連の支援を受けて東トルキスタンの侵攻を開始した。[20]

December – 東トルキスタン軍は第5軍として人民解放軍に統合されました。 1949年12月22日に東トルキスタン共和国は正式に廃止され、東トルキスタンの独立は終了し、中国共産党の占領が始まった。[21]

1950: スターリンと毛沢東は1950年2月14日、東トルキスタンにおけるソ連の中国統治の支持と引き換えにソ連の経済的譲歩を約束する友好、同盟および相互援助の中・ソビエト条約に署名する。 [22]

1951: 1951年4月29日、東トルキスタンの人々を中国共産党の占領と闘うために導いたカザフの指導者オスマンバトゥールが捕獲され処刑された。[23]

1951 -1959: この期間中、独立した東トルキスタンの復活を要求する14以上の主要な武装反乱が中国の統治に反して発生しました。 最大の武装反乱は1954年12月28日から31日の間にコタンで起こった。[24]

1954:  毛沢東は何十万という動員解除された漢民族の兵士とその家族を東トルキスタンに移し、東トルキスタンを植民地化し統制するためのBingtuan(中国の準軍事)部隊を設立した。 [25]

1955: 1955年10月1日、中華人民共和国は東トルキスタンをいわゆる「新疆ウイグル自治区」と指定しました。 [26]

1962: Ghulja(イリ地域)の何万人もの人々が5月29日に中国の統治に反対して暴動し、ほぼ10万人のウイグル人とカザフ人がソビエト連邦(現在のカザフスタン)に大量に流出した。 [27]

1964: 1964年10月16日、中華人民共和国は東トルキスタンのロプヌールで最初の核実験を行い、アメリカ、ソビエト連邦、イギリス、フランスに次いで5番目の核武装国となりました。 [28] 1964年から1996年まで、中国は46回以上の核実験を実施してきました。 核実験では、トルキスタン東部で80万人以上が死亡し、何百万人もが放射線にさらされたため、さまざまな癌性疾患が発生しました。 [29]

1968: 東トルキスタン人民革命党(ETPRP)は、東トルキスタンの独立を回復する目的で1968年2月に設立されました。それは解散される前に50以上の出版物を発行しました。[30]

1969: 1969年8月20日に、Ahunovによって率いられたETPRPの何人かのメンバーは、ソビエト国境(現在のキルギスタン)の近くで中国の軍隊に対してゲリラ戦争を行うための戦略的な基盤を確立しようとしました。それらは発見され、ETPRPは地下に行かざるをえなくなりました。[31]

1981: 1981年5月27日、中国の統治に対する武力蜂起がカシュガルのペイザワット郡で発生した。 武装蜂起は中国のゼネラル・ワン・ジェンが抵抗の兆候を粉砕するために強硬なアプローチをとるように促しました。 [32]

1985:  12月12日、東トルキスタン全土で核実験、強制中絶、漢民族の入植者に対する何十もの平和的デモが行われ、そのうち最大のものがウルムチで学生主導の抗議行動に参加し、2万人以上が参加しました。 デモは中国の占領軍によって激しく抑圧され、何百人もの死者と数千人が逮捕されました。 [33]

1988: 6月15日、ウルムチの何千人もの学生が平和的なデモを行い、中国の占領軍によって残酷に押し倒されました。 [34]

1990: 4月5日、中国政府の強制中絶および植民地化政策に対する平和的なデモが残酷に抑制され、東トルキスタン南部のアクト郡のバレンの町での東トルキスタンの独立を取り戻すための武装蜂起が起こりました。中国の占領軍が4月11日までに蜂起を虐殺したので、何千人もの罪のない人々が殺された。 [35]

1995: 1995年7月7日、コータンの何百人もの人々が東トルキスタンでの中国の支配に反対してデモを行い、中国の占領軍が発砲し、暴動を引き起こし、何百人もの人々が殺害された。 [36]

1997: ウイグル文化に対する中国当局の制限および30人以上の東トルキスタンの独立活動家の処刑を受けて、2月3日に何千人もの人々がグルジャでデモを行います。中国の占領軍は平和的な抗議者たちを残酷に虐殺し、100人以上の抗議者を殺害し、2月5日までに1,600人以上を逮捕した。[37]

2002: 中国は「テロとの闘い」を装って、東トルキスタンにおける抑圧的な植民地支配のジェノサイド政策を正当化し始めている。[38]

2009: ウルムチの学生が率いる何千人もの人々が、広東省韶関の中国工場でウイグル人労働者の残忍な虐殺に対して平和的なデモを行っています。デモは残酷に抑制され、何万ものウイグル人が東トルキスタンで殺害されるか、あるいは強制的に姿を消した。 [39]

2014: 南東トルキスタンのヤルケントの町に住む約3,000人から5,000人の人々が中国の占領軍によって残虐な虐殺を受けています。 [40]

2015: 東トルキスタンにおけるトルコとイスラムのアイデンティティの表現の抑制をさらに正当化するために、中国は物議を醸すテロ対策法を可決した。 [41]

2017: 中国はその経済的な力を利用して、エジプトのような多くの国々に、東トルキスタン人/ウイグル人をすべて拘束して中国に強制送還するよう説得し、そこで拘禁または強制収容所に送られます。[42]

2018: 8月10日、国連人種差別撤廃委員会は、中国が東トルキスタンの「政治的再教育」および「反過激主義」強制収容所に300万人以上(主にウイグル人)を拘束していると述べた。[43]

  1. Kutlukov M, About foundation of Yarkent Khanate (1465-1759) , Pan publishing house, Almata,1990
  2. Christopher Beckwith, Empires of the Silk Road: A History of Central Eurasia from the Bronze Age to the Present
  3. Christopher Beckwith, Empires of the Silk Road: A History of Central Eurasia from the Bronze Age to the Present
  4. James B.Minaha, Ethnic Groups of North, East, and Central Asia: An Encyclopedia
  5. Ildikó Bellér-Hann, Kashgar Revisited: Uyghur Studies in Memory of Ambassador Gunnar Jarring
  6. Christopher Beckwith, Empires of the Silk Road: A History of Central Eurasia from the Bronze Age to the Present
  7. Ildikó Bellér-Hann, Community Matters in [East Turkistan] Xinjiang 1880-1949: Towards a Historical Anthropology of the Uyghur
  8. James Millward, Eurasian Crossroads: A History of [East Turkistan] Xinjiang
  9. James B.Minaha, Ethnic Groups of North, East, and Central Asia: An Encyclopedia
  10. K. Warikoo, [East Turkistan] Xinjiang– China’s Northwest Frontier
  1. James Millward, Eurasian Crossroads: A History of [East Turkistan] Xinjiang
  2. Dudolgnon, Islam in Politics in Russia
  3. Pamela Eddy, Ethnicity and the Uighurs of the People’s Republic of China
  4. Andrew D.W. Forbes, Warlords and Muslims in Chinese Central Asia: A Political History of Republican [East Turkistan] Sinkiang 1911-1949
  5. James Millward, Eurasian Crossroads: A History of [East Turkistan] Xinjiang
  6. Andrew D.W. Forbes, Warlords and Muslims in Chinese Central Asia: A Political History of Republican [East Turkistan] Sinkiang 1911-1949
  7. Linda Benson, The Ili Rebellion: The Moslem Challenge to Chinese Authority in [East Turkistan] Xinjiang, 1944-1949
  8. Nabijan Tursun, Yearning for A Republic Erased from the Map
  9. Nabijan Tursun, Yearning for A Republic Erased from the Map
  10. Hassan H. Karrar, The New Silk Road Diplomacy: China’s Central Asian Foreign Policy Since the Cold War
  11. James Millward, Eurasian Crossroads: A History of [East Turkistan [Xinjiang]
  12. James Millward, Eurasian Crossroads: A History of [East Turkistan] Xinjiang
  13. Hızır Bek Gayretullah, Osman Batur, (Turkish)
  14. Ma Dazheng, National Interest is beyond Everything–Observations and Reflections on the [East Turkistan] Xinjiang Stability (Institute of Social Science of China, 2002)
  15. Alexa Olesen, ‘China’s Vast, Strange, and Powerful Farming Militia Turns 60’, Foreign Policy
  16. S. Fredrick Starr, [East Turkistan] Xinjiang: China’s Muslim Borderland: China’s Muslim Borderland
  17. 27. Michael Dillon, [East Turkistan] Xinjiang: China’s Muslim Far Northwest
  18. Dr. Mohit Nayal, The Invisible Wall of China
  19. Dr. Jun Takada, Chinese nuclear tests: disasters caused by nuclear explosions on the Silk Road
  20. James Millward, Violent Separatism in Xinjiang: A Critical Assessment, Policy Studies, East-West Center Washington, 2004
  21. Michael Dillon, [East Turkistan] Xinjiang: China’s Muslim Far Northwest
  22. Michael Dillon, [East Turkistan] Xinjiang: China’s Muslim Far Northwest
  23. Ma Dazheng, National Interest is beyond Everything–Observations and Reflections on the [East Turkistan] Xinjiang Stability (Institute of Social Science of China, 2002)
  24. Ma Dazheng, National Interest is beyond Everything–Observations and Reflections on the [East Turkistan] Xinjiang Stability (Institute of Social Science of China, 2002)
  25. Ma Dazheng, National Interest is beyond Everything–Observations and Reflections on the [East Turkistan] Xinjiang Stability (Institute of Social Science of China, 2002)
  26. Ma Dazheng, National Interest is beyond Everything–Observations and Reflections on the [East Turkistan] Xinjiang Stability (Institute of Social Science of China, 2002)
  27. Gulja Massacre – Channel 4 News

https://www.youtube.com/watch?v=4RUCOrg2Pb0

  1. Michael Dillon, [East Turkistan] Xinjiang: China’s Muslim Far Northwest
  2. Congressional-Executive Commission on China Annual Report, 2010
  3. Naharnet Newsdesk, “China Holds Man Over [East Turkistan] Xinjiang “Massacre” Allegations.”
  4. Michael Clarke, Terrorism and Counter-Terrorism in China: Domestic and Foreign Policy Dimensions
  5. James M. Dorsey, China and the Middle East: Venturing into the Maelstrom
  6. La Croix International, ‘Over 3 million Muslim Uighurs detained in West China’, 2018

https://international.la-croix.com/news/over-3-million-muslim-uighurs-detained-in-west-china/8238