東トルキスタンの概観

東トルキスタンの概観

ここでの東トルキスタンという用語は、東トルキスタンの土地とも呼ばれる東トルキスタン全体(タリム盆地、ジュンガー盆地、ケンス)を意味します。それはいわゆる「新疆」*ウイグル自治区の現在の行政区域と1940年代に中国によって併合された西甘粛省と青海省の一部を含みます。

*「新領域」または「新フロンティア」を意味する中国の植民地用語「新疆」は、東トルキスタンに関して中国の占領軍によって課された。派生的な中国の植民地用語は非常に屈辱的であり、東トルキスタンの人々から強く嫌われています。東トルキスタンはその歴史を通じて、中国とは異なる独自の国家的、文化的、宗教的アイデンティティを維持してきました。

土地面積:

Tarim盆地、Junggar盆地、Kengsuを含む1,828,418平方キロメートル。 タリム盆地とユンガー盆地からなるウイグル自治区(1,664,845平方キロメートル)は、東トルキスタンの大部分を占めています。Kengsu(1940年代に中国軍によって甘粛省と青海省に併合された)は163、573平方キロメートルを占めています。東トルキスタンは日本の約5倍、フランスの3倍、そして北スーダンと同じ大きさです。

政治的地位:

占領下(1949年12月22日以降)には、国連に代理人はいません。

管理:

中国の統治下では、東トルキスタンは以下の行政単位に分けられます:a)ウイグル自治区
 b)甘粛省のSubei Mongol自治県、Aksai Kazakh自治県、敦煌市、Guazhou県、c)Lenghu行政区、青海省のMagnai行政区の西部

人口:

東トルキスタンの総トルコ人人口は約3500万人です(3000万人以上のウイグル人と、残りはカザフ、キルギス、ウズベク、タタール人など)。中国占領軍は、トルコ人の人口は2015年時点で1,350万人であると主張しています。

主要河川:

タリム、イルティシュ、イリ、コンキ、ウルングル、カラカシュ、ヤーカンド、マナ

野生の野生生物:

カスピ海虎(今は絶滅しました)、ユーラシアオオヤマネコ、ユキヒョウオオカミ、クロテン、オオカミ、Prezwalskiの馬、Altai wapiti(ヘラジカ)、Tengri Tagh wapiti(ヘラジカ)、Bactrian鹿、Yarkand鹿、中央アジアアカシカ 、マルコポーロシープ、ヤク、フタコブラクダ、ユーラシアビーバー、ユーラシアアカリス、ヤルカンバラ、ユーラシアハタネズミ、ユーラシアスプーンビル、中央アジア風サンショウウオ、ビッグヘッドシゾトラシン、およびレノック(アジアマス)。

経済:

農業、畜産業、軽工業、および貿易。

天然資源:

土地、生物資源、石油、天然ガス、金、銀、石炭、ウラン、銅、ニッケル、鉛、亜鉛、アスベスト、シルバイト、石灰岩、宝石、そして玉

識字率:

ネイティブTurkic(Uyghur、Kazakh、Kyrgyz)の言語クラスが削除される前の90% 現在は約40%と推定されています。